世界自然遺産へ…

 奄美大島は、「奄美・琉球世界自然遺産」候補地として、平成30年の世界遺産登録を目指しています。

 奄美大島の魅力あふれる自然を世界中の皆様にアピールするとともに、貴重な自然を守っていくことも大事な使命です。

 奄美大島エコツアーガイド連絡協議会は、自然との共存に取り組みます。

 

 

世界自然遺産とは?

 世界遺産は2種類あり、①文化遺産 ②自然遺産があります。奄美・琉球は、②の自然遺産への登録を目指しており、日本では現在4つ(屋久島・知床・白神山地・小笠原)の自然遺産があります。奄美・琉球が登録されれば、日本で5番目の世界自然遺産となります。

 世界自然遺産となるには、4つの評価基準「自然美」「地形・地質」「生態系」「生物多様性」のいずれかを満たすことが必要です。奄美・琉球はこのうち「生態系」と「生物多様性」を満たすとされています。